こんにちは。
東海地区の大西です。
ブログ初登場です。これから宜しくお願い致します。
NOTIAでは去年から、身体接触による強化を以前より重視するようになりました。
こちょこちょしたり、マッサージしたり、ハグしたり、高い高いしたり、ぐるぐるまわしたり…
マッサージは、子どもでも気持ちが良い様で、なかなかのうっとり顔です(笑)
先日、セラピー中にお子さんが急に私の腕を掴んだので、「なに???」と思ったら…
私の真似をして、腕をぎゅーぎゅーとマッサージしてくれました。
ちっちゃなお手てで一生懸命握ってくれるのを見て、
「あの、『イスに座りたくない!!』と大暴れしていたお子さんが、私にこんなことをしてくれるようになるなんて…(:_;)」
と感動してしまいました。
お子さんたちは時々、思わぬ素敵な行動をしてくれますね。
それが私たちセラピストの、仕事への活力になります(^^)
さて、話を強化の話に戻しますが、
実は私の担当の中で一人、こちょこちょでどうしても笑ってくれないお子さんがいました。
一体何故でしょう。
自閉症のお子さんの中には、他人から触られることがあまり好きでないお子さんがいます。
それでかな、と思い、お子さんが喜ぶ他の方法での強化を続けてきました。
そんな状態が続いていた先月、スタッフの勉強会で、身体接触を使った強化の講習を受けました。
会員の方のお子さんに来て頂き、みんなで実習をしたのですが、そこで見たこちょこちょは、私が知っているこちょこちょと違いました。
(もちろん、普通のこちょこちょも使います)
マッサージの様に、太ももや肩を ギュ、ギュ、ギュ と揉むと、
なんと、お子さんが大笑いして……
そしてイスから崩れ落ちて、床で転げ回っているではないですか。
あまりの笑い様に、こちらまでつられて笑ってしまいました。
翌週、あれを是非、我が(担当の)子に!と、
例の笑ってくれないお子さんのお宅に、張り切って訪問しました。
いつもの様なこちょこちょではなく、
モモをぎゅー、ぎゅー、ぎゅー。
すると… 「ギャハハー!」
お子さんが笑い出しました。
体をよじって笑い、笑い、笑い続け、とうとうイスから崩れ落ちました。
私が手を止めると……
くすぐったいけど、でももっとして~! とでも言うように、
お子さんもにやにや~と笑って、こちらを見ています。
今まで私のやり方が弱すぎたんだ~ごめんね(>_<)と心の中で謝ると同時に、
強化子の幅が広がって、嬉しい気持ちになりました。
これから、そのお子さんもいっぱい笑わせて、より楽しいセラピーにしていきたいと思います[emoji:e-414]

Leave a comment