身体を使って

気付けば明日から7月。早いですね~。じめじめ~な天気もあと少しでしょうか?
突然ですが、私、実は腰痛持ちです[emoji:v-12]
中学生の時からのお付き合いです。
中学時代、陸上部で走り幅跳を専門にしてまして、ジャンプするときにすごい勢いでエビぞりになるんです。
そしてそれをやりすぎて痛めました。。。ピキっという音がして着地の瞬間崩れ落ちたのを今も忘れていません。
そんな腰痛持ちの私ですが、今日は 身体を使った(体を張った?) 遊びを少し紹介したいと思います[emoji:e-69]
これまで、お子さんが楽しんでくれたものです!
ニコニコ笑ったり、声を出して喜んでくれるというのはもちろん、笑っていなくったって
手をひっぱってもう1回やってよ~と示してくれたら楽しませているって証拠ですよね!
●座布団で魔法のじゅうたん
座布団にお子さんを乗せて、ひっぱる、もちあげてはしる(体重的に年少さんまでかも!?)、くるくるまわす
●お布団寿司
布団の端っこにお子さんを縦(普通の寝方)ではなく横にして寝かせてはじっこからくるくる転がしてまいていく。巻き終わったら反対の端っこを持ち上げてくるくるころがして出してあげる。自作のお寿司の歌を歌いながらやり、出てきたお子さんをぱくぱく~♪と食べます♬
●バランスボール滑り台
よくやる人も多いのでは?大人の膝に同じ向きで座らせ「3,2,1」で勢いをつけてバランスボールから滑り降ります。
「バスに乗ってゆられてる~♬」と歌いながらやるのも楽しいです。
●落下遊び
大きなビーズクッションのようなソファや、お布団がたくさん積んであるところでやります。
お子さんの両脇をもって抱っこし 5からカウント。1のところでブランコのように体をゆらして持ち上げてお尻からダイブ!もちろん落とすのではなく両脇はずっともったままです。
●ジャンプ遊び
トランポリンやジャングルジムなど少しだけ高いとこからジャンプで私めがけて飛んできてもらいます。飛び込んで来たら抱きしめてぐるぐる~っとまわります。
●足ひこうき
あおむけに寝て、お子さんのおなかを足の裏で支え、両手を持って足を上にもちあげます。危ないので手は離さないようにしますが飛行機のように手を横にのばしてあげます。足の裏でおなかをこちょこちょしたり、足をあげさげすると喜んでくれる子も。
足の裏でなくても膝でもできます。
どの遊びも「せーの」「3,2,1」「くるくるくる~」など短い掛け声をいれるようにしています。
くりかえし遊ぶ中で、一緒に掛け声をいうこともできますし、目合わせをうながすことも取り入れれます。
もし、されたことのない遊びがあればぜひぜひやってみてくださいね♬
関西地区
森下 真生

Leave a comment