セラピストあるある(身体編)

関西地区の森岡です
今日はひょうがふったり雷すごかった地域があったようですね。最近こういう天気が多いので
心配です。
私が住む大阪は晴天でとても暑い日でした
さて、今回はセラピストあるある(身体編)です。
私たちセラピストの基本姿勢は床などに足を延ばして座る姿勢です。なぜこの座り方?かというと
お子さんとの目線の高さを合わせたり、お子さんが課題中に逃亡(笑)しないためなんです。
しかしセラピーに慣れてくると、お姉さん座りになったり、あぐらをかいたり、机が高ければ大人もイスをつかったり膝立ちしたりすることもあるかと思います。
しかしそこで起こる身体の異変、それは・・・・・・・ 
 
・・・・・おしりがぺちゃんこ になることです。
これ結構ショックです。鏡をみてへこみます。
でもそんなことで座位の姿勢は崩せませんのでこれからも基本姿勢で取り組みたいと思います。
でも・・・・・・・もしかしたら年齢のせいかもしれませんよね?若いぷりぷりのお尻はもうさよならなのかもしれません。
それから、腰が痛くなる人も多いです。でも病院にいっても別に異常はないようです。
うちの代表はまったく腰を痛めたことがないらしく、健康体で本当にうらやましい!!
なのでもしかしたら 座り方は全く関係ないのかもしれません。
それからそれから なぜかくるぶしの下のあたりが黒ずんでいます。そしてひざの下あたりも黒ずんでいます。
これは、よくその部分が床に当たるからだと思われます。最近は靴下と言っても短い靴下をはくことが
多いので、くるぶしなんかは露出してしまい当たるんだろうな~と思います。
でも、これはもしかしたら森岡あるあるなのかもしれません。笑
こんな感じでまったくあるあるじゃなかったかもしれませんが、もし心当たりのあるセラピストがいれば
あるあるになると思うので・・・・またみなさんの情報お待ちしております
他のみなさんのちゃんとしたあるあるネタ!またお願いします♪

Leave a comment