種の出し方

こんにちは。 関東の池田です。
今日はあるご家庭で「種の出しかた」を練習したら出来るようになったのでご紹介します。
そのお子さんは、さくらんぼの種を丸飲みしてしまうお子さんでしたので、
次のようなステップを踏みました。
やり方はお母さんのマネをお子さんにしてもらう動作模倣の要領です。
1、種だけを口に入れて吐き出す
2、実と種(4分の1程度)を別々にした状態で口に入れて種だけを吐き出す
3、半分の実に一度とった種をつけて口に入れて、実食べたあとに種だけだす。
4、種をついたままの半分の実を口に入れて種だけを吐き出す。
今まで丸飲みしていたお子さんは種の存在がわかっていないようでしたので、
まずは種だけを意識させてみました。
この時、口の中に数秒間入れさせて舌で種を感じるようにします。
2は、実と種をつけたままだと、種を実からはがすのができなかったため、
ご家庭から種と実を分離させてからどうか。との案でやってみるとうまくいきました!
だんだん実の分量を多くして行ったのですが、お子さんは今までできていたかのように
「ポイ」っと種を出せるようになりました[emoji:i-234]
基礎スキルの動作模倣を積み重ねてきたお子さんの成果と
スモールステップの成果を感じた
瞬間でした[emoji:i-185]

Leave a comment