NOTIA
  • つみきの会
  • 各種資料
  • 事務局ブログ
  • 利用者専用ページ
  • スタッフルーム
  • 採用情報
  • リンク
  • お問い合わせ
株式会社NOTIA

株式会社NOTIA

本社
〒673-0005
兵庫県明石市小久保5-10-3
西明石グランドハイツ101号室
TEL&FAX:078-915-8444
E-MAIL: office@notia.co.jp

東京オフィス
〒106-0047
東京都港区南麻布3-7-16
有栖川ステイツ102号

 

会社概要

名称 株式会社NOTIA(ノティア)
代表者 代表取締役   藤坂龍司
本社所在地 兵庫県明石市小久保5丁目10-3-101
従業員数 約50名
事業内容
  • 自閉症その他の発達障害を持つ子どもへのABA(応用行動分析)セラピー
  • 発達障害を持つ子どもの保護者や教師などへのABAコンサルティング
  • 発達障害を持つ子どもへの各種アセスメント(発達検査、社会適応度検査など)
事業内容詳細
ABAセラピー

NOTIAでは独自に育成したABAセラピストによる家庭訪問セラピーサービスを、つみきの会会員家庭に対して行っています。セラピストはお子さんのご家庭を原則として週2回訪問し、1回2時間のABAセラピーを行ないます。
ABA(応用行動分析)は別名、行動療法ともいい、行動主義心理学に基づく支援方法です。 セラピストはセラピーに先立って親御さんからの聞き取り、子どもの直接観察、発達検査などのアセスメントを行い、それに基づいてSV(スーパーバイザー)の指導の下、個別指導計画(IEP)を作成します。セラピストはIEPで定めた基本方針に基づき、SVや親御さんと相談しながらセラピーを実施していきます。セラピーによる課題の進展や問題行動の増減はセラピストによって常に記録され、それに基づいて次のIEPが作成されます。  
セラピストは子どもに対するセラピーだけではなく、親御さんからセラピー上のことや日常生活での悩みごとの相談を受けることもあります。その際は心理カウンセリングの手法を用い、親御さんに対してABAに基づいたアドバイスやその他の心理的な支援を行います。

ABAコンサルティング


NOTIAではスーパーバイザークラスの高い能力と豊富な経験を持つセラピストをコンサルタントとして、原則、月1回程度の訪問あるいはスカイプによるコンサルティングを、希望されるご家庭に対して実施しています。コンサルティングでは、家庭で自らABAセラピーを実施されている親御さんに対して、セラピーの基本的な方法、具体的な課題の教え方、問題行動への対処法などに対してアドバイスを行うとともに、訪問コンサルティングの場合は、自らセラピーや対処法を実演し、親御さんにも練習していただきます。

各種アセスメントの実施


NOTIAでは訪問セラピーの全訪問家庭を対象に、次のような各種アセスメントを年に一度、定期的に実施し、その結果を子どもと親御さんへの支援に役立てています。

@発達検査(KIDS)   
親御さんによる自己記入式発達検査です。発達指数(DQ)を検出するとともに、お子さんの発達の進んだ分野、遅れている分野を明らかにすることができます。  

APARS(親面接式自閉症スペクトラム症評定尺度)
PARSは自閉症スペクトラムの症状の度合いを測定する検査です。NOTIAではその短縮版を用いて、お子さんの自閉症の症状の度合いを定期的にチェックしています。

BGHQ12   
GHQは親御さんの精神健康度を測定する尺度です。自閉症の子どもたちを育て、自らセラピーを実施する親御さんは、さまざまな心理的な負担を抱えておられることが予想されます。そこで親御さんの精神健康度を定期的にチェックすることにより、過度の負担がかかっている場合にはSVによるカウンセリングを実施するなどの方策をとっています。
ページトップに戻る
Copyright © 2012- 株式会社NOTIA ALL Right Reserved.